安城市NPO法人ing主催の

ご高齢者"お出かけ見守り隊"養成講座にお呼び頂きハッピ−ネット「もしバナクラブ」にてもしバナゲーム体験会を、開催してきました。  

 

 

ハッピーネットならでは、準備体操は笑み筋体操


 

NPO法人ingさんは高齢者支援のみならず、子育て世代やケアラー支援、地域住民の助け合いと高齢者の生きがい作りを実践されています。

 

ハッピーネットはこれからも応援していきたいと思います。

 

 もしバナ倶楽部 第1回の開催報告です!

 2019/10/20(日)13:30-16:00 名古屋大学大幸キャンパスにて

 「もしバナゲーム体験会」

講師:ハッピーネット会員 もしバナマイスター 那須裕子先生 

 令和1年1020日(日) 名古屋大学大幸キャンパスにおいて、「もしバナゲーム体験会」を開催致しました。

 

当会員であるiACPもしバナマイスターの那須裕子先生に人生の最終段階における医療.ケアの意思決定のプロセスについて事例を交えてわかり易くお話を伺い、もしバナゲームを体験しました。

 那須裕子先生は稲沢厚生病院の医療安全に関わる頼れる看護師さん 病院でのDNRのこと、「もしも」の話をどうすすめるのか、経験に基づいたお話が聞け、身近に考える事ができました。  

もしバナゲームの体験とシェアタイム
もしバナゲームの体験とシェアタイム

 自らの価値観を知る事や他者の価値観に触れる事ができました。 

 参加者にはもしバナクラブメンバーで執筆しました日総研の別刷りをプレゼント. 

もしバナゲームの振り返りと様々な気づきを共有できました。 

参加者の声

「参加してとてもよかったです! 

色々な考えがある事や揺らいで良い事!など、沢山の気づきがありました。」


 もしバナゲームin Nagoya

 

平成31年3月21日祝日 名古屋市南区特別養護老人ホーム大地の丘笠寺にてアドバンス・ケア・プランニングのきっかけづくりの「もしバナゲーム」の体験会を開催いたしました。

 

一般社団法人ハッピーネットのご協力を戴き、定員50名を超える多くの方に参加いただき大盛況の会となりました。

 

当日はハッピーネツト会員であります臼井啓子様 澤田千賀子様 もしバナマイスターを講師にお招きし「余命半年と告知されたら、あなたは何を大切にしたいですか?」とカードを通して考え、「自分の潜在価値観に気づいた」「他者の価値観を知る事ができた」などご感想を寄せていただきました。

 

皆様には介護者としてあわただしく日々過ごしていらっしゃる方も多くいらっしゃると思います。

 

「どう生きたいか」は日々続くこと、繰り返し話し合いの機会を持っていただきたいと思います。縁起でもない話ではありますが、必ず皆さんにやってくる最期の時、よりよく生き抜くために「もしバナゲーム」を体験してみませんか

NPO法人健康な脳づくり第6回市民公開講座 2018/12/9

 もしバナIN NAGOYA 開催

 

114日、「認知症に優しいまちづくり実行員会」主催により、名古屋市内の特別養護老人ホーム「大地の丘」において、開催されました。 

講師は、ハッピーネット大阪の会員である 臼井啓子さんをはじめとする「かしましシスターズ」。 

礒野由紀子さん、上村久美子さん3名が、講義やグラフィックレコーデイングをされました。  

総勢50名近くで、「縁起でもない話」をカードゲームを通して行い、お互いの今の気持ちをシェアし、笑いあり、感動ありの時間となりました。 


 当日は、ハッピーネットも共催としていただいたおかげで、会員のパロハンドラーとともにパロが大集合となりました。

 当日は、県外からの会員様にも参加していただき、誠にありがとうございました。

 主催の『認知症に優しいまちづくり実行委員会』の皆様、

 パロの普及活動にご協力してくださっている、『f*table』の皆様

 誠にありがとうございました。

 

 

申込フォームからお申込みいただきますと、すぐに返信メールがお手元に届くはずになっております。メール着信がない場合は、携帯の受信拒否設定を外していただき、090-1299-5559までご連絡ください 

 

「英語の正確な意味としましては、【インストラクター】は男性指導員、女性指導員は【インストラクトレス】になります、当法人では男性・女性ともに【インストラクター】という呼称を採用しております。

あらかじめご了承ください」