定価8万円の本で、著者120名中のひとりとして、

 介護ロボットに関することをひっそりと書かせていただきました。 

 【手術室・診断・介護を中心とした】

 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発

 発 刊:2018年5月31日  

 体 裁:A4判 562頁  

 定 価:80,000円(税抜)

 ISBN:978-4-86104-714-5

技術情報協会

 ◇第7章 高齢化市場・在宅介護医療市場における今後の医療機器開発テーマ◇

 第4節 介護用ロボットに対するユーザーニーズと具体的改善点

 (一社)ハッピーネット 堀容子、

 ()エヌ・エフ・ユー 川﨑善信、

 自治医科大学大学院 山田和成

 産業技術総合研究所 柴田崇徳

 1. ケアラーの顕在的・潜在的ニーズと介護ロボット

 1.1.ケアラーのニーズと重点分野の介護ロボット

 1.2見えにくいケアラーのニーズ

 1.3.ケアラーの潜在的なニーズと介護ロボット

 1.3.1ケアラーの潜在的なニーズ:例)共依存

 1.3.2共依存状態の事例と予防の重要性

 1.3.3ケアラーの共依存に対する介護ロボットの活用:コミュニケーション型ロボット

 2.施設に勤務する介護職の顕在的・潜在的ニーズと介護ロボット

 2.1介護職等ケア専門職の潜在的ニーズを理解するために:ケア/ケアリングの概念

 2.2ノンケアリングの人の特徴

 2.3ノンケアリングの人の多い職場と介護ロボット:ケアリングの有無と人員充足度による類型化

 2.4介護職の流れを止めない、邪魔しない介護ロボット:環境型ロボット

 3.ケアリングの人の特徴と介護ロボットに対するニーズ

 3.1ケアリングの人の特徴とニーズ:できないことに真のニーズがある

 3.2「道徳的苦悩」を解決する手段としての介護ロボット

 3.3ケア/ケアリングを実施する可能性を高める介護ロボット

 4.介護ロボットにおけるプロモーションの重要性

 

2008年の秋、笑み筋体操の本が出版されています。

林啓子・隆志共著による「簡単にできる笑み筋体操」を書店でお取り寄せの際には、こちらの注文票(PDFファイル)を印刷の上、ご利用いただけます。

 

ダウンロード
kantannidekiru-emikintaisou.pdf
PDFファイル 138.8 KB

 

既刊  「笑みからチカラ

 

メディカルレビュー社